ボイストレーニングを自宅で効果的に

ボイストレーニングを自宅でするのに必要な注意点と思考とは?

ボイスレッスンに通わなくても、最近ではYouTubeの動画を見ることや自宅でもボイストレーニングが出来る教材なども充実してきています。ですが、ボイストレーニングを自宅でするからことの注意点やメリット・デメリットもそれぞれあると思います。その点について深くまとめていきたいと思います。

自宅でのボイストレーニングで注意すべきたった1つのこととは

カラオケに1人で行ってボイストレーニングをすることに抵抗がある人や、専用の教室に通うとお金がかかってしまうため、自宅でボイストレーニングを行いたい人も多いと思います。自宅でボイストレーニングを行う人が、トラブルにならないためにたった1つ抑えておいて方が良い点があります。それは、防音設備がしっかりしているかです。ボイストレーニングを歌を上手く歌う為に行うのか、それとも話し方を良くするためか、理由は人それぞれだと思います。ですが、防音の設備がそれなりになければ、近所の住人とトラブルになってしまう可能性がありますので、その1点だけはきちんとしたほうが良いです。最近流行りの職業のYouTuberも、きちんとした防音設備がある自宅で動画の撮影をしています。自宅でボイストレーニングをしたいのであれば、隣の部屋にどれだけ響くのかなど、最初に考えることで、トラブルを未然に防ぐことが出来ます。

場所に関係なく、ボイストレーニングとセットで行うべき習慣とは

自宅でボイストレーニングをする人や、専用スタジオなどでボイストレーニングをする人など、ボイストレーニングをする場所は人それぞれだと思います。ですが、ボイストレーニングをどんな場所で行うにしても、絶対にセットで行った方が良い1つの習慣があります。それは、トレーニングを始める前の準備として、ストレッチを行うことです。ストレッチは自宅などの場所に問わず、どこでも出来る単純なことと思われるかもしれません。ですが、体が緊張状態のままボイストレーニングをしたとしても、プロと同じように体を使いこなすことが出来なければ、いい声を出すことは出来ません。ストレッチをした時としない時でどちらが良い声を出すかを調べてみると、その差は一目瞭然にわかります。

ボイストレーニングを自宅でする人が必要なメンタルとは?

ボイストレーニングを自宅でするということは、自分で自分を管理し、どれだけの期間でどれだけ成長出来たかを自分自身で認識しなければなりません。コーチを付けない場合が、自宅でのボイストレーニングを行う人が多いため、長い期間トレーニングをしていると、自分は本当に成長出来ているのか疑心暗鬼になる人も少なくありません。なかなか自分の成長を素直に認めることは難しいことが多いです。ですので、定期的に自分の成果を発表出来る場所や何かのコンテストで順位が発表されるような場所に応募して自分の成長を確認することが、長くボイストレーニングをし続けるのに必要になります。殆どの場合で自分の成果を数値化することが出来ますので、自宅で1人でボイストレーニングをしているからこそ、自分の成長を認識して満足するのではなく、外に発信する機会を設けることで、さらに成長出来る可能性が高まります。