自分流にボイストレーニング

ボイストレーニングは自宅で出来る?

好きな歌を歌いたいけど、声がこもっているとか、音程がずれるなど、どうすればなおせる?ボイストレーニングすると良いらしいけど教室に通うのは気が引けるという方に、自宅で出来るボイストレーニングの方法をお伝えします。

身体をリラックスして歌う

身体が緊張していては良い声を出すことはできません。インナーマッスルという身体の深層部分にある筋肉をリラックスさせて歌うことで良い声が出せるようになります。ボイストレーニングを自宅などで行う場合、インナーマッスルの筋肉の緊張をほぐしてリラックス出来るヨガなどのストレッチが良いでしょう。力を抜いてジャンプを繰り返すと身体がほぐれやすいです。身体に変な力が加わらず脱力した状態になれば身体はリラックスした状態になっています。鼻から息をゆっくり吸い込み口から息をゆっくり吐き出す腹式呼吸で声を出すとはっきりとした発声ができるようになります。腹式呼吸をする時は息を最後まできっちり吐き出しましょう。腹式呼吸はリラックス効果もあるので毎日続けましょう。

ずれた音程は鼻歌でなおす

歌のメロディラインがわからず曖昧にして歌うと音程がずれたり、音が合わなくなります。音程のずれをなおす場合、好きな歌を鼻歌で歌うと自分の音程のずれなどがわかりやすいです。鼻歌はハミングするように口を閉じたまま歌うことです。緊張していると音が響きにくいので身体をリラックスさせながらハミングしましょう。ボイストレーニングで歌う時に声の強弱など抑揚をつけると歌にメリハリが生まれ、いつもとは違う歌を実感できるでしょう。自宅でボイストレーニングを行う場合、歌えるような環境があれば良いのですがご近所の方に対して防音が気になる方は多いでしょう。遮音性が高い防音室などがありレンタルもできるようです。防音遮音シートや防音カーテンなど気になる方は探して見ましょう。

メトロノームを使ってリズム練習

歌のリズムが上手くつかめない、テンポが合わないなど練習によってリズムの間隔がわかるようになります。歌のリズム感をつかむには細かく規則正しくリズムをとることです。楽器店で販売しているメトロノームを使うと歌のテンポに合わせることができるようです。メトロノームは曲のテンポを保つ器具です。メトロノームのアプリもあるようです。ボイストレーニングは自宅で行うと費用が少なく、好きな時間に自分に合わせてトレーニングできるので継続して続けられるようです。歌が上手く歌えるようになると、もっと上手く歌いたくなる方もいるでしょう。客観的に自分の歌の弱点を知りたい方にはボイストレーナーの方がマンツーマンで教えてくれる教室などもあるようです。